【ツール制作】部活が楽しかった頃を思い出しました!

お疲れ様です!
パソコン活用支援をしてる、北野高志です!

この前書き部分、どんなのが自分に合うかなー。
「システムアドミニストレーター」わかりづらい。
「フロントエンドエンジニア」わかりづらい。
「ツールで稼ぐ」「ツールで稼がせる」よりは
「パソコン活用支援をしてる」の方がしっくり来たんですが、ちょっといろいろ模索してます!

 

さて、ふと思ったことを書いてみます。

部活してました?

みなさん、中学・高校・大学に通っていた頃、
部活・サークル活動ってしてました?

僕は、
中学時代はソフトテニス部、
高校時代はブラスバンド部、
大学時代はJazz研究会、学外でバンド活動
学校を出たあとも、演劇活動をしてました!

本業である「学ぶ」「稼ぐ」ことよりも、
本業ではない活動の方が楽しかったのを覚えてます。

その楽しかった感覚を、今久しぶりに感じたのでこれを書いてます☆

 

今僕の本業は
・輸出ビジネススクール、講師(ツール担当)
・輸入ビジネスコミュニティ、スタートアップ講師
・各スクール運営、パソコン活用支援
・物販ビジネス支援
・セミナー映像撮影・編集
などを稼業としてます。

楽しくないわけではないですが、
タスクが溜まりすぎて、
自分で選んでやっているはずなのに、
追われている感が半端ないです(汗

追われるほどタスクがあるので、
なかなか自分のための時間をつくることが出来てなかったのですが、
意図的に、自分のための時間を作ってみました。

eBay(イーベイ)の無料出品枠がめっちゃ余ってる!

自分の時間でやったことっていうのは、
eBayの出品作業です!

仕事なんだかプライベートなんだか・・・
いわゆる「副業」ってやつですね、eBay販売は。

個人的にも物販ビジネスは細々と続けていまして、
eBayにも出品しています。

来月から、アンカーストアという
無料出品枠を10000品まで出せるプランに変更をするため、
今月の内にプラン変更の申請をしていたんです。

で、ふとeBayの管理画面を見た時に、
どうやら既に10000品の無料出品枠が付与されているっぽいことに気づいたんです!

これは出品せねば損した気分になっちまう!!!

ということで、急遽出品作業を開始したわけです。

そして、出品するとなると、
タイトル翻訳の作業が発生するんですね。

翻訳作業をカンタンに!

商品出品のための細々した作業は、
輸出ビジネススクールで提供している「ゴッドハンド」というツールを使えばだいたい完了するのですが、

タイトルの翻訳は目視確認でチェックした方が良いんです。

・メーカー
・シリーズ名
・キャラクター名
・商品のタイプ

などは入れた方が良いのですが、
仕入れ元から拾ってくる情報には、
これらの情報が入っていないこともあるんです。

ツールを使っても結局は手作業・目視で補っているので、
売る為に出品するとなると、どうしても時間がかかるんです。

ここで、ツール開発のチャンスです!

面倒な作業をカンタンにするのがツールの役目!
ビジネスチャンスです!

というわけで、翻訳作業をカンタンにするためのツールを作ってみることにしました!

物販ビジネスの支援をしている中で、
翻訳時のルールみたいなのがなんとなく出来てきていて、
ルールができれば、自動化しやすいんです。

自動化=ツール化できるはずなので、
手作業でやってることを自動で出来るようにいろいろとやってます!

この「いろいろとやってる」のが、なかなか楽しくてですね!

ツール制作は、
外注でプログラマ探して作ってもらえば良いですよ、
なんて話を聞きますが、
僕は自分で創っちゃいたいんです!

モチベーションアップに繋がる!

このツール制作だけに集中したい気持ちはあるのですが、
日常の業務もありますのでなかなかそうもいきません。
しかも、常にタスク山積みですからね・・・

そこで、
「ここまでタスク片付けたらツール制作する!」と決めて
日常業務をこなしてみたいと思います!

「この授業終わったら部活行ける!」みたいな感覚なんです!

なんか、テンション上がってきたー☆

==========

メールマガジン配信してます!
是非読者登録してください!